製品プライバシーとサイバーセキュリティ

お客様とのパートナーシップにより、安全な製品とサービスをお届けします。


For Product Security Bulletins and Patches, click here

IL社 では、お客様がヘルスケア領域のデジタル化、サイバーリスクの増大、規制当局  からのサイバーセキュリティ指導、プライバシー要件等刻々と変化する課題に直面しているものと認識しています。

製品プライバシーとサイバーセキュリティの課題に対処し、ウイルスやランサムウェアからIL社の製品・システムや患者データさらには患者ケアを保護するために、IL社 は組織を継続的に変革していくことをお約束します。

IL社 はサイバーセキュリティの課題に対処するために IL 製品のプライバシーとサイバーセキュリティのアクションプログラムを展開しました。

 

         IL社 製品プライバシーおよびサイバーセキュリティ アクションプログラムには、以下が含まれます。

         1. 組織

         プライバシーとサイバーセキュリティに関する機能の制度化

         2. 方針とプロセス

         各機能領域で必要とされる標準的な方針とプロセスの確立

         3. プロダクトデザイン

         市販製品へのリスク低減策を導入しプライバシーとセキュリティを設計に基づいて実装し、変化する環境に適応

         4. お客様とのコミュニケーション

         プライバシーとセキュリティに対するIL社のアプローチを積極的にまとめ、危険な脆弱性とリスク低減策を適切なタイミングでお客様にお伝えする。

 

さらに、インテリジェントなリスク対応アプローチを活用することで新たに発見された脆弱性を追跡しセキュリティ更新でリスクが発生した際に対処します。セキュリティ侵害が発生した場合にはIL社 の専門家が実践的なカスタマーサポートを提供し、さらなる被害を軽減して安全なシステム運用を回復します。

このアクションプログラムを継続的に遵守することにより患者データとお客様をサイバーリスクから保護し、現在また将来におきましても患者ケアが中断されたり危険にさらされたりすることがないようにする為のお客様の取り組みをサポートする製品を提供いたします。

 

サイバーセキュリティの問題を報告するには、info-japan@werfen.com までメールでご連絡ください。